BtoB対応の資源リサイクルアプリ

女性

resacoは世界初となる、BtoB対応の資源リサイクルアプリです。企業にとって不要となった物品を適正価格で売却したり、廃棄物処理を効率化したりする仕組みです。不要となったモノを必要とする会社にマッチングすることで、資源の有効活用につなげられるメリットがあります。従来、企業が不要になった物品の処理は、リサイクル業者が買い取るか廃棄業者が処分していました。こうしたやり方では、業者とのやり取りの煩雑さや、コスト面での折り合いが合わない等の問題もあります。加えて、昨今のリサイクル問題もあり、物品の処分に複雑な手続きが必要になっています。resacoそうした企業が抱える課題を解消するために、役立てることが出来ます。

廃棄までの最適な道筋

タブレット

resacoはサーキュラーエコノミー実現に向けた、廃棄品の最大限活用を目指すプラットフォームとなります。サーキュラーエコノミーとは循環型経済と呼ばれるもので、大量生産と大量消費、そして大量廃棄の流れを転換するための仕組みです。モノに備わる残存価値を適切に測ることで、モノの価値を最大限に引き出せるわけです。resacoは不要になったモノを買い手とマッチングさせるだけでなく、リペアや資源リサイクルにも対応することが可能です。モノが新たな価値として生まれ変わることで、廃棄までの最適な道筋が整えられると言えます。

優しい環境づくりを担う

PC操作

resacoが目指すサーキュラーエコノミーは、無駄を減らすことが根底にある考えです。無駄をリサイクルすることで、新たな価値へと変化させられます。「負」が「富」へと変わることで、豊かな循環型経済モデルが生まれるわけです。サーキュラーエコノミーは昔の社会では、当然のことでした。そこでは一つ一つのモノの価値が高く、壊れても修復して利用されていました。それが大量生産・大量消費社会となったことで、大量廃棄社会となってしまいます。サーキュラーエコノミーは、未来の地球やそこ住む子供たちのために、優しい環境づくりを担うものです。

売却の選択肢を豊富に提案

パソコン

resacoにはAI機能が搭載されており、物品に適した売却方法が見つかります。AIは企業の売却理由や売却のタイミングなどから、適切なマッチング相手を提案することが出来ます。その中から企業自身が選べるので、納得した取引ができるわけです。売却品に対するクレームを避けたければ、低価格でのリスク回避が可能です。逆に品質保証できるのであれば、より高く売却することが出来ます。売却リミットがあれば価格や低めになりますが、期限を設けなければ高価格での売却も可能です。resacoはそうした売却の選択肢を豊富に提案できるので、企業は納得して取引が行えると言えます。

広告募集中